院長ストーリー

院長 関根 聡一

院長柔道整復師・鍼灸師

ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会正会員

修徳高校硬式野球部・マスターズチーム・トレーナー

プロフィール

血液型 B型

星座 かに座

趣味 サーフィン、野球

好きな食べ物 和食、アイス

好きな色 クリーム色、グレー

現在、双子(女)の成長に期待と不安を抱きつつ、理想の夫、尊敬される父親を目指し日々迷走中!!

院長ストーリー

intyou06私は生まれも育ちも東京都、葛飾区です。
小さい頃から体格に恵まれ、身体を動かすことが大好きなとても活発な子供だったようで、新品の靴を1週間でボロボロにしていたと、よく両親から聞かされていました。

intyou03そのおかげで小学生になってからも体育だけはずーっと“5”

体育、給食、運動会だけの為に毎日通学していたなぁ。と記憶しています。

 野球との出会い 今の仕事の原点

intyou04小学5年生の時に友達に誘われ、近所の少年野球チームに入ることになります。

それまでも水泳、剣道などやらせてもらってはいましたが、どれも楽しいと思った事がなく、あまり長続きしませんでした。

だけど野球だけは自分に合っていたようで、どっぷりとハマりました。

しかし当時は活発だった為、その分ケガがとても多く、その度に近所の接骨院に通い治療をうけていました。

毎回、包帯やテーピングをしてもらっているうちに、自分でもうまく出来るようになり、よく友達や家族にテーピングを巻いてあげていた事を覚えています。

その頃は将来自分がこのような仕事をするとは想像もしていませんでしたが、その時の経験が今の自分の原点になっているのだと思います!!

intyou05そして、もっと野球をやりたいとの思いで、中学校は野球の名門、修徳学園中学校に進学させてもらいました。当時は今とは違い中学受験をする子は少なく、そのような環境で育ててくれた両親には今でも感謝しています。

しかしそこでもケガに悩まされました。ひざの成長痛(オスグット)からはじまり最後は親指の骨折などなど、いろいろと経験しましたが当時は骨折していようがおかまいなしに包帯をしてテーピングで固定し、プレーしていました。

もちろん、治療をしてもらっていた先生には止められていました。

しかし、どうしても試合に出たかったのです。スポーツを一生懸命にやっていると、そういうものですよね!!

ですので、ケガをして治療に来ている学生さん達の気持ちがよーくわかります。

自分の方針としては、なるべく練習をやりながら治療をし、そして何としてでも試合に出れるようにするというのが自分の治療スタイルです!!

人生最大のケガ

intyou07その後そのまま高校も修徳高校に進学し、硬式野球部で野球を続け3年生の時にはレギュラーにもなり、背番号『6』をもらいショートで試合に出ていました。

しかし、最後の夏の大会1ケ月前に岐阜に遠征に行った時の事です。練習中、腰に今まで経験した事のない激痛が走りました。

その瞬間から歩くことも困難になり、とても野球ができる状態ではなくなってしまい腰の検査をしたところ「腰椎分離症」というスポーツをしている学生に多い腰の疲労骨折のような症状でした。

そこで野球をあきらめ、今後は今までのケガや治療を受けてきた経験を活かせる治療家の道に進もうと決心し、自分と同じようにケガで苦しんでいる人達の力になりたいと本気で考え、この道に進むことにしました。

人生の師との出会い

高校を卒業後、知人の紹介で亀有の整形外科で修業をさせていただく事になり、昼間は病院で働き、夜ははり灸・柔整の学校に通う生活を6年間続け、国家試験をそれぞれ1発で合格することが出来ました。

院長先生には医療人としての在り方を一から教えてもらい、患者さんとの接し方、治療に対する心構え、診察・診断の仕方、レントゲンの見方、時には手術にも立ち会わせてもらい、本当に多くの事を学びました。特に外傷(骨折、捻挫、打撲、脱臼)の処置は徹底的に指導して頂き、それが今、本当に役立っています。今の自分の土台を作って頂いた師匠であり、今でも困ったことがあれば助けてもらい、いつもお世話になっております。

その後、千葉県にある整骨院グループで修業をし、副院長として5年間勉強をさせて頂きました。ここでは多くの仲間と知り合う事が出来、とても刺激を受けました。時には夜中の3時まで勉強会をしたり、東北や九州へ研修に行ったりと、休日はほとんどセミナーや研修に使っていました。特にこの頃ははり灸と骨盤矯正の技術を磨く事に夢中だった事を覚えています。その時の仲間とは今でも仕事やプライベートで仲良くさせてもらっています。

大変でしたがとても充実した貴重な5年間でした。

そしていよいよ平成14年10月に念願の自分の治療院を開院することになります。

平成14年10月10日 開院記念日

ご縁がって、この五反野で開院させていただく事となり、10月1日を開院予定日として準備を進めていたのですが工事が遅れ、10日後の『10月10日』が開院日となってしまいました。

しかしその年の10月1日は台風が東京を直撃し大嵐の一日でしたので、結果的に遅れたおかげで、快晴の素晴らしい日にスタートを切る事が出来ました!!

ところが、それまで12年間修行をしてきてある程度の事は一通り経験をして自信があったはずでした。しかし、いざ自分が開院してみると初めての事やわからない事だらけの戸惑う毎日で、当時一緒にやっていた弟と二人てさぐりで、ただひたすらがむしゃらに治療をしていた事が、つい昨日の事のように思い出します。

そして、一番初めの患者さんの事は今でもハッキリと覚えています。嬉しさと緊張でカルテを書く手が震え、冷や汗を流しながら必死に治療をしました。今ではそのご家族の方々の治療もさせて頂いており、長いお付き合いをさせてもらっています。

そうこうして約1ケ月がたった頃に思いもよらぬ事態が起こりました。病院の検査で父の病気が見つかったのです。病名は大腸ガンでした。

この年は自分の結婚、開院そして父の病気と今までの人生の中で間違いなく一番の激動の年となり、当時の記憶もあまり思い出せないくらい、いっぱいいっぱいの日々を過ごしていました。

それから2年後に父は亡くなりましたが、生前父からは「自分が幸せになりたければ、人の為に働きなさい。まず人を幸せにすること、結果は後からだよ!!」と教えられてきました。自分が弱っている時や辛い時にはどうしても他人より自分を優先させてしまいますが、そんな時には父の教えを思い出しています。

 

お陰様で、ごたんの中央整骨院は患者様、スタッフ、家族や友人など多くの方々に支えられて平成27年10月で14年目を迎えました。8月には全面改装し皆様に好評だと私的には思っております。

思い返せば自宅の風呂場でぎっくり腰になり動けなくなったり、海の岩で足の裏を切ってしまい20針ぬったり、大腿神経痛で歩くのも困難だったり、ふくらはぎの肉離れなどケガが絶えませんが、ケガをするという事は治療家にとってはとても貴重な体験であり、そこから得るものはとても多くあります。その痛みを知らなければ、患者さんの気持ちもわからないと思います。

3年前より母校のOBチームでトレーナー兼、選手として硬式野球を再開しました。これからまたケガをすると思いますが、またそこからたくさん学び皆様のお役に立てればと思っております。どうぞよろしくお願いします。

 

ごたんの中央整骨院は地域トップレベルの治療の提供と、気楽に通えるフレンドリーな治療院を目指します。

どうぞ今後とも末永くご愛顧よろしくお願いします。

ごたんの中央整骨院  院長 関根聡一

 

お読みいただきありがとうございました。今度は皆様のマイストーリーを聞かせて下さい。

スタッフ一同

ごたんの中央整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-5681-6161

120-0013 東京都足立区弘道1-27-1
東武スカイツリーライン 五反野駅より徒歩4分
駐車場2台完備!

ページトップへ戻る