気象病、天気痛

梅雨の季節ですね。

ジメジメと蒸し暑い日もあれば、ヒンヤリとする日もあり

体調の管理が難しい時期ですので、お身体の不調を訴える方がとても多くいらっしゃいます。

 

『気象病』や『天気痛』という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

天気の変化、特に気圧が下がる事で身体の不調や痛みを感じるというのは

現在では科学的に証明されており

気圧が下がる事により、交感神経が刺激されるためです。

それにより筋緊張が高まり、コリがひどくなったり血行が悪くなったり

ヒスタミンという痛みを引き起こす物質が体内に分泌されたりと・・・

しかし、理由がわかったところで治るものではありません

大事なのはどうすれば良いかだと思います。

 

悪い所がハッキリとわかるので

普段から少し気になっている症状や

いつもは感じていない自分の隠れた症状も

ほっとかずにケアしてあげるのが大切です。

なんとなく怠いけど、梅雨だししかたないか。で済ませない方がよいかと思います。

 

梅雨があけると猛暑や台風の季節にもなります

雨や湿度、気温や気圧などの自然現象はどうする事も出来ません

その為にも日頃のケアや体調の管理を心掛けてください。

 

 

ごたんの中央整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-5681-6161

120-0013 東京都足立区弘道1-27-1
東武スカイツリーライン 五反野駅より徒歩4分
駐車場2台完備!

ページトップへ戻る